お問い合わせ 企業向けセミナー 学生向けイベント

スタッフブログ

2019.12.03 Legaseed日誌

Legaseed一大イベント!
【Legaseed Award】
会社を一枚岩にする秘訣とは?

Legaseed一大イベント!<br/ >【Legaseed Award】<br/>会社を一枚岩にする秘訣とは?

社員がイキイキと活躍する組織を
つくるためには2つの要素が
必要になります。

「はたらきがい」
「はたらきやすさ」です。

「はたらきがい」
これは本人が自分で作り出すものです。
同じ職場、同じ仕事、同じ環境であっても
モチベーションの高い人もいれば
低い人いますよね。

もちろん
会社ができる取り組みもありますが、

「やりがい」というのはどこまでいっても
本人の考え方、取り組み方が大きな影響を
及ぼしていることがわかります。

もう一方の
「はたらきやすさ」
これは会社が整えていくものです。

「はたらきやすさ」の実現のために、
Legaseedでは、
社員合宿「レガッシュク」や、

全社員のご家族をお呼びする
内定式「就職披露宴」など

年間を通して様々なイベントを
開催しています。

その中でも、今回は
先日11月11日の創業日に行われた
Legaseed Award」をご紹介します!

目次

・Legaseed Awardとは
・コンセプト「Pieces」
・フィロソフィー投票ワーク
・それぞれのピースの形を知る「History」
・パズルの完成予想図を描く「Future」
・表彰「Award」

Legaseed Awardとは

Legaseed Awardとは
会社創業日11月11日に
毎年行われる周年記念パーティです。

このイベントの目的は3つ
Legaseedの誕生日を祝う
社員の日頃からの頑張り
  を賞賛・表彰する

Legaseedらしい働き方の
  基準を確かめ合う

ただ周年記念をお祝いするだけでなく
Legaseedが大切にしていること、
目指す未来を

改めて確かめ合う日でもあります。

コンセプト「Pieces」

今年のLegaseed Awardのコンセプトは
パズルの「Pieces」でした。

Legaseedは創業6年目です。
人間でいえば、小学生となり
少し大人に近づき

親の手を離れる時期になります。

まさにLegaseedもこれまで
代表近藤の力で
形にしてきたものが多いですが、
これからは「脱・近藤化」を掲げ、
みんなでつくっていく会社を目指します。

だから、ひとりひとりがLegaseedであり、
それはまさにLgeaseedという
パズルのピースのように

それぞれが組み合わさっていく様を
「Pieces」というコンセプトに込めました。

Legaseed Awardを通じて
社員ひとりひとりに下記の3つが届けばと
イベントを企画しました。

❶ひとりひとりがLegaseedである
  当事者意識の強化

❷それぞれの個性や強みを知り
  チーム力を向上

❸Legaseedの未来への確信

今年はどんなLegaseed Awardになったのか
一日を振り返りながらご紹介します♪

フィロソフィー投票ワーク

午前中は
フィロソフィー投票ワークが行われました。

Legaseedには
10個のフィロソフィーがあります。

フィロソフィーとは、
Legaseedで仕事をする上での
判断基準や
意思決定基準を示すものであり、

目の前の課題にどのように取り組んでいけば
よいかを示す指針です。

まさに「Legaseedらしさ」が
生まれる要素です。

Legaseed Awardでは、
この10のフィロソフィーを1年間で
最も体現した人が表彰されます。

投票は社員・内定者の
投票により決まります。

この投票も、
全員の行動指針の基準を揃えるために

とっても大切なことです。

Legaseedのフィロソフィーは
言葉の定義だけでなく、
具体的な行動特性も決まっています。

そのフィロソフィーに対する
角度が揃うからです。

例えばこんな感じ!
フィロソフィー1.100%当事者

定義
ひとり動く、みな動く、世界が動く。
まずは自分が動くことから。
誰かに依存せず、
最後まで自分で舵を取ろう。

行動特性
□メンバーやお客様を動かしながらも、
  成果を出している

□依頼・指示・命令を数多く行い、
  周囲を動かしている

□周囲ができないときは、
 自分が入り込んでも達成する
□いい訳や他責・依存のような
  責任逃れの発言がない

□自分ができること、動けることを
  常に考え行動に移せる

投票前に、
全員で改めてこの基準を振り返ったうえで

この一年、
最もそのフィロソフィーを体現した人の
投票を行いました。

さて、10のフィロソフィー・新人賞・MVPは
誰の手に渡ったのでしょうか?

れぞれのピースの形を知る「History」

午後からいよいよ
Legaseed Awardスタートです。

まずは、それぞれ社員を理解するために、
一人一人の過去やターニングポイント、
そして何を大切に生きているのかを朗読する「History」

普段よく知っているようで知らない仲間の
今ここで頑張っている原動力や
乗り越えてきたこと…

それぞれ一人一人に今ここにいたるまでに
様々なストーリーがあることを
知ることとなりました。

最後にはLegaseedの過去を
振り返る動画が流れました。

6歳になったLegaseedからの
みんなへのメッセージ。

純粋に、
さらにLegaseedやこの仲間のことが

大好きだし、大切だと思える
時間となりました。

パズルの完成予想図を描く「Future」

それぞれの過去や個性を知ったあとは
自分たちが描きたいパズルの完成予想図の
イメージを絵にして共有しあいました。

今年はそれぞれが
Legaseedで叶えたい未来を
寄せ書きにして
オリジナルTシャツにしました。

寄せ書きは
「永遠に愛され必要とされる会社になる」
という
Legaseedの象徴でもある
1000年生きる木「バオバブの木」

形どってデザインしました。

表彰「Award」

さぁ、いよいよLegaseed Awardの
メインコンテンツ、表彰式です。

表彰式では
Legaseed10のフィロソフィーの体現者への賞
この一年で最も活躍した
新人に贈られる新人賞

この一年で最も成長した人に贈られるMVP
などの表彰があります。

受賞者はスポットライトと
大きな拍手を浴びながら

レッドカーペットを歩き壇上へ。

10のフィロソフィーだけでなく、
「近藤さんに一番怒られたで賞」
「お客様に愛されているで賞」
「日報の質が高いで賞」
などの副賞も発表されました。

新人賞は
新卒1年目、半年でリーダーとなった
【井上靖隆】・【八代皐貴】のW受賞!

そして最後はMVP!
LegaseedのMVPは
一年で最も活躍した人ではなく

この一年で最も成長した人に贈られます。

結果は…
該当者なし!

近藤の言葉がまさにLegaseedの
大切にしていることを
再確認することとなりました。

「今日、誰がMVPを取っても、
  心の底から素直に喜べないだろう」

もちろん、この一年みな頑張って
こなかったわけではありません。
しかし、創業期からLegaseedは
一流のこだわりを大切にしてきました。

自分ができるからやるわけでもないし、
できないからやらないという選択は
してきませんでした。

いつでも、どんな状況でも
お客さまが喜んでくれるから、
感動をつくりたいからこそ
こだわってきたのがLegaseedです。

そういう意味でも
みながまだ自分たちはできる
という思いがあったはず。

改めて、Legaseedの
大切にしていることを
再確認する一日となりました。

 

会社は、個人と違い永遠に命をもてる
可能性がある一方で、
みなの足並みがそろわなければ、
次の年を迎えられない可能性だって
あるんです。

そういった意味でも、
このLegaseed Awardは
大切な仲間と、お客さまの未来を
つくっていくためにも、
大切な一日になりました。

パズルの完成予想図を
形にしていくためにも、

永遠に愛され
必要とされ続ける会社を目指し

挑戦していきます。

この記事をシェアする facebook twitter line