お問い合わせ 企業向けセミナー 学生向けイベント

スタッフブログ

2019.05.29 最新人材採用情報

従来のやり方では
学生は集まらない?
会社を成長させるための
採用代行(RPO)サービスとは

従来のやり方では<br />学生は集まらない?<br />会社を成長させるための<br />採用代行(RPO)サービスとは

現在の就職活動は超売り手市場。

採用競争は激化し、採用活動・人材獲得に
苦戦する企業が増えているように感じます。

中でも、中小企業の新卒採用担当の方は、
「採用がうまくいっていない」
「業務内容が多すぎて手に負えない」
「中小企業の採用競争力は
大手企業に比べると負けている」など、
新卒採用に関する悩みを抱えている方も
多いのではないでしょうか。

今回は、そんな採用担当の方々に役立つ
採用代行サービス(人事業務の業務委託)
について、ご紹介していきます。

 

■目次


1.そもそも採用代行(アウトソーシング)とは
2.採用代行(アウトソーシング)が
できる業務とは

   2-1.ノンコア業務代行

   2-2.コア業務代行
3.採用代行(アウトソーシング)の
メリット・デメリット

 3-1.メリット
 3-2.デメリット
4.Legaseedの採用代行の特徴と他社の比較
 4-1.株式会社Legaseedの持つ概念
 4-2.Legaseedの採用代行サービス
 4-3.Legaseedの考える採用の成功とは
 4-4.具体的な取り組み
5.まとめ

 

 

1.そもそも採用代行
(アウトソーシング)とは

採用代行とは企業の採用活動に関わる業務を、
採用代行サービス企業が代行する
人材サービスの事。

つまり、
「採用活動」自体をアウトソーシングする
というシステムで、
別名「RPO(Recruitment Process Outsourcing)」
ともいい、人材紹介とは異なります。

採用代行が必要となる背景には、
「採用手法の多様化」
「就職活動の長期化」
「有効求人倍率の増加」など
企業の人材獲得競争が過熱したため、
「気づいたら手に負えないほどの
業務を抱えてしまって、
   本来やるべきことに注力できていない」
といった採用担当への負荷が大きい事が
主にあげられます。

しかし、多くの企業では限られたリソースの中で
採用活動を行わなければならず、
人事部を増員することが難しいのが実態です。

2.採用代行(アウトソーシング)
   できる業務とは

新卒採用・中途採用併せ
一般的な採用業務のフローは、
「採用計画」「母集団形成(求人)」
「会社説明会・セミナー」
「応募管理情報」
「面接~選定」「合否連絡」「内定者フォロー」
と言われています。

この章では、
企業の人事にしかできない業務を「コア業務」、
その他を「ノンコア業務」と定義づけ
解説をしていきます。

2-1.ノンコア業務代行

ノンコア業務代行の一般的な目的は、
「業務工数削減」です。

主な煩雑のオペレーション業務に
かかる負荷を軽減し、
本来力を入れるべきである
採用計画や予算管理などの
コア業務に
専念できる環境創出を目指します。

「ノンコア業務をアウトソースする」
という発想で、
一般的にRPOというと
こちらをイメージされることが多いようです。

***************************************************
・主な電話・メールでの連絡業務
エントリー対応、合否連絡、スカウトなど)
・選考スケジュールの調整
(説明会、面接、インターン)
・求人媒体管理/応募者データ管理

***************************************************

2-2.コア業務代行

こちらは、
「成果創出/成果蓄積」を目的としています。

自社で人事部や採用担当者が
固定されていない時や、
採用ノウハウ・知識がない場合、
それ自体を支援・代行するサービスです。

豊富なナレッジを外部から取り入れ、
成果を向上させるスキームを構築することを
目指していきます。

いわゆる「採用コンサルティング」
と呼ばれる業種はこちらに含まれます。

変化が激しい採用市場において、
自社の人事・採用チーム内の
過去データやノウハウだけで対応することが
難しくなってきた今、
外部の人材サービス会社への委託を
選択する企業も増加傾向にあるのです。

***************************************************
・説明会やインターンシップの運営
/ファシリテーションなど
・面接/面談
・合否決定
・内定者フォロー面談/企画運営
(・面接官トレーニング)

***************************************************

3.採用代行の
   メリット・デメリット

企業や、どの業務を委託するか
によっても異なりますが、
採用代行を行う上での
メリット・デメリットをお伝えします。

3-1.メリット

煩雑になりがちな業務を
安定的にこなせる人材を
確保し続ける事は困難ですが、
採用のプロがその業務を代行して行うことで、
安定した業務品質を保つ事が可能です。

そのため、採用担当者が力を入れる必要がある
人事戦略の立案や
合否などの
重要な判断を要する業務に集中できます。

***************************************************
・重要な業務・メイン業務に集中できる
・プロの知識や経験を得ることができる
・作業にかかる工数をお金に換算したときに、
全体的なコスト削減に繋がることがある
・アプローチまでの時間を短縮できるので、
優秀な人材採用の機会損失を無くせる
・採用の成果が大きく改善できる など

***************************************************

3-2.デメリット

基本的にメリットが多いアウトソーシング
ですが、中にはデメリット要素もあります。

具体的にどのような点に注意すべきなのか、
デメリットも踏まえた上で
採用代行を選ぶことをおすすめします!

***************************************************
・料金(外注費用)が発生する
・業務を委託するので、自社に採用ノウハウが
貯まらないケースがある
・委託先との定期的な打ち合わせが必要
(許可を取るための連絡が適時必要)
・計画時に共通認識をもたないと
自社とのミスマッチが起こる

***************************************************

4.Legaseedの採用代行の
   特徴と他社の比較

4-1.株式会社Legaseedの
   もつ概念

「新卒採用活動とは、何を変える活動ですか?」
こう聞かれたらみなさんはなんと答えますか。

会社変えるため
組織を変える(活性化する)ため
業績を変える(上げる)ため
会社の未来を変える(創る)ため
社風を変える(新風を巻き起こす)ためなど…
いくつも答えが浮かんだかもしれません。

しかし、私たちLegaseedはこう考えます。

「新卒採用とは、世界を変える活動です」

世の中の採用活動が本質的な活動になれば
教育の現場や、
これから出会う学生たちの行動が変わり、
より良い人材の入社は、
社員の意識や行動を変えます。

その結果、会社が提案する
商品やサービスの質を高めることに繋がり、
最終的には、
社会や世界をもより良く変えていきます。

私たちはこの信念を胸に
企業の人事変革を通して、
企業の成長と働く人のやりがいの創出を
追求していくことが目的です。

4-2.Legaseedの
   採用代行サービス

Legaseedの採用代行は、
中小企業における
新卒採用に特化し、
会社の企業発展を担う人材を効果的に採用し、
理想の組織作りを実現するための
一気通貫したサービスを提供しています。

また、完全なるアウトソーシングは行いません。

Legaseedはメイン・サブ業務両方の
支援・代行を行いますが、
メイン業務の採用設計から内定承諾までの
一連のフローに関しては、
会社の採用担当や、
必要であれば各部署から会社のエースを集め、
チームとして行うことを強く推奨しています。

「せっかく採用代行に依頼したのに
自社でやるのでは意味がないのでは…」

と思う採用担当の方もいるかもしれませんが、
実は、会社を巻き込んで取り組むということが、
採用担当にとっても会社にとっても
最も効率のいい方法なのです。

それはなぜか。

その理由を、Legaseedの考え方と併せて
次の章でご説明します。

4-3.Legaseedの考える
   採用の成功とは

採用の成功は採用目標人数の達成
と思いがちですが、違います。

採用した人材がいち早く戦力になり、
定着することで業績を向上させることです。

つまり採用の成功とは、
「定着化×戦力化」
が達成できて初めて成功と考えます。

言葉は悪いですが、
せっかく入社しても仕事が合わなかった
といって辞められたり、
定着したとしてもその人員が戦力とならない
お荷物な存在になったりしていては、
企業の成長には寄与しません。

採用代行先の人材の魅力で採用を
行ってしまうと企業とのミスマッチが生じ、
採用活動に費やした時間と労力とコストの
無駄遣いになってしまいます。

さらに、「定着化×戦力化」が満たされれば、
企業側にとっても
成長に貢献してくれる人材を確保できた
ということで成功といえますが、
入社した本人にとっても
「ここで働けてよかった」
充実感や幸福感を得られることになります。

つまり採用の成功は、
採用目標人数の達成ではありません。

採用した人材がいち早く戦力になり、
定着化することで業績を向上させることです。

特に中小企業における採用は、
採用にかかるコストや時間を考えれば、
100人の人材を集めるよりも、
10人の欲しい人材を集め、
確実に採用する戦略を立てるほうが
効率的だと考えます。

4-4.具体的な取り組み

「採用活動は、
毎年イノベーションさせなければならない」
と言われています。

絶対にマンネリ化させてはいけない、
去年と同じやりかたをしていては
時代の流れに置いて行かれる、と。

なぜなら、
毎年「学生」「競合」「市場規模」「自社」の
4つの「状況」が変化するためです。

これらが常に変化をしているため、
新卒採用活動にも
常にイノベーションが必要になります。

我々がコンサルタントとして
サービスを導入する時も、
その観点を視野に入れ
採用計画を立てていききます。

また、Legaseedでは
採用活動を成功に導くために
「6つのカード」という考えを
お客様に指南しています。

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

■6つのカードに関する情報はこちら

☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆*。。。*☆

もちろんこれらは採用活動を始める上での
スタート段階にすぎません。

ここから更に、
明確な目的やビジョン
ターゲティング層
内定承諾に至るまでの
様々アプローチ方法を立てていき、
ただの採用では終わらない、
「新卒を即戦力化する」戦略を
練り上げていきます。

5.まとめ

Legaseedは「人を採る」だけではなく、
組織を活性化させることを重要視しています。

そもそも新卒採用というのは、
本来妥協してはいけない取り組みです。

活動そのものにかかるコストでいえば、
一人あたり平均80万円程度かかります。

しかし、一人の学生が入社し、
定年退職まで勤め上げると考えれば、
給与や福利厚生費、保険や税金の
会社負担分の総額は約3億円です。

3億円の投資と考えれば、
採用市場がどうなっていようが
絶対に妥協せず、自社が本当に必要とする
優秀な人材を採用したい
と思われるのではないでしょうか。

まずは是非一度、
Legaseedにご相談してみてください。

(お問い合わせはこちら)

★新卒採用コンサルティング・人材採用支援ならLegaseed★

この記事をシェアする facebook twitter line