お問い合わせ 企業向けセミナー 学生向けイベント

スタッフブログ

2019.09.02 Legaseed日誌

私が内定承諾を辞退してまで
Legaseedに入社を決めた理由

私が内定承諾を辞退してまで <br />Legaseedに入社を決めた理由

Legaseedは
「就活対象外」?!

こんにちは!
Legaseedの20卒内定者の
のりこです。

私はもともと入社したかった
会社の内定承諾を取り消して
Legaseedに入る決心をしました。

なぜ、決断を変えたのか。
今日は学生としての素直な気持ちを
お話しします。

私が第一志望だった会社に
内定承諾をしたのは1月中旬。

事業の利他性
成長環境
働く人たちとの相性

就活の軸としていたこの3つの
全てが満たされている
パーフェクトな会社だと思っていました。

一方、同時期にLegaseedで
長期インターン生として働き始めました。

選考を受けるとか、入社するとか
そういったことは微塵も頭になく
私の中では「就活対象外」の会社。

ただ自分のスキルアップがしたくて
インターンへの参加を決めたのです。

ありのままのLegaseedを
知ったインターン

そんな私の気持ちに変化があったのは
4月に入ってからのことでした。

それまで承諾先の会社に関わったのは
説明会、面接、数回の面談で
一部の社員さんとお会いしただけ。

限られた情報のみで
自分に合うか否かを判断していました。

そして、承諾後の内定者インターンで
それまで知らなかった
会社全体の雰囲気を知り
「何かが違う」
と感じたのです。

一方、Legaseedのインターンでは
週2〜3日出社して
社員さんとほぼ同じ仕事をする日々。

会社に行くのが毎回楽しみでした。

承諾先の会社と比べて
創業してから日の浅いLegaseedは
「完璧な会社」ではありません。

人事コンサルという仕事をする大変さ
まだまだ整備されていない部分
教育体制が未整備 etc…

これらを知ってもなお、私の心は
Legaseedに惹かれていました。

これだけ会社の
「ありのまま」を知った上で
心惹かれるLegaseedと

数時間の選考だけで
「完璧な会社だ」と結論づけ
違和感が残る内定承諾先。

「Legaseedに入りたい」
という気持ちが高まっていきました。

人に対して、
そして採用に対して
本気であるということ

私の意志を覆した
Legaseedの魅力は
何だったのでしょうか。

それは
「人に対して、そして採用に対して
本気であるということ」
だと思います。

例えば、社員さんが
インターン生と関わる姿勢。

・自分の業務の時間を割いて
真摯に FB をくれる姿
・インターン生の成長を
本気で考えくださる姿

そして、社長の社員への想い。

・社員とその家族を大切にする姿
・インターン生の個性を理解し
それに合った舞台を用意してくれる姿
・採用した人物は必ず活躍させる
という責任感

私はインターンをする日々の中で
これらをひしひしと感じていました。

そして1日中オフィスで
働かせてもらっているからこそ
これらは嘘のない本物の姿だと
知っていました。

たしかに完璧ではないかもしれない。

それでも、私が選んだのは
人と向き合い大切にする姿勢が
ずば抜けているLegaseedでした。

そしてこれが
「この人たちと一緒に働きたい」
という強い確信に変わっていきました。

新卒採用に本気で取り組み
出会った学生と真摯に向き合うこと。

これが会社の未来を変えていく
鍵になるのではないでしょうか?

★新卒採用コンサルティング・人材採用支援ならLegaseed★

この記事をシェアする facebook twitter line