お問い合わせ 企業向けセミナー 学生向けイベント

レガシード代表
近藤悦康ブログ

2020.04.07 経営について

社員の「体調不良」と「体調回復」で一喜一憂。

社員の「体調不良」と「体調回復」で一喜一憂。

3月31日からレガシードは
在宅ワークに切り替えた中、
社員の一人から
体調不良の申し出があった。

話を聴くと4月1日くらいから
症状は風邪に近く
微熱と倦怠感があるということで
数日、経過観察していました。

ただ心配であったので
4月4日に病院に行ってもらったところ、
肺炎の症状は出ていないから
「PCR検査」は受けれないと。。。

医師は
コロナの可能性はあるが
断定はできないと。
自宅で安静にするように
指導を受けたよう。

ただ、実家にいるため
親御さんへの感染リスクがあるので、
費用は会社が負担し、
ホテルに宿泊するように指示。

こういったPCR検査できないけど
コロナの症状がある人は
世の中にたくさんいるのでは
ないでしょうか?

最初症状は軽くても
重症化するケースもあるので
病状によっては
再度病院に行ってもらい、
「PCR検査」を受けられるように交渉し
肺のレントゲンもとってもらいたい。

他の社員も心配なので
今は毎朝、コンディションチェッカーに
体温も入力するように変更。

体温計を持っていないという
一人暮らしの社員に
薬局やコンビ二で買えばいいよ
と伝えたら、今どこにも売っていない
と一蹴されました。。。

今のところ、みんな大丈夫そう。

そんな、心配を抱いた中、
体調不良で4か月間
休んでいた社員が
体調回復し、昨日戻ってきてくれた。

みんなから、
「おかえりー!」
「待ってたよー!」
と歓喜の声が
WEBコミュニティ上に続々と挙がった。

休んでいる間、
レガシードに戻って
続けるかどうか
考えてくれたみたいです。

そして、
「ずっとぐるぐると考えて、
結局やっぱり
私はLegaseedが好きだし、
そのお客さんも好きだし、
一緒に働く仲間が好きだし、
もうそれでいいじゃん、
と思ってお言葉に甘えて、
戻ることに決めました」
とコメントを発信してくれた!

心身の健康が
全ての土台です。
健康を失うと、
「はたらくを、しあわせに」は
絵空事になります。

まずは、
「はたらくを、あんしんに」から。

本日、「緊急事態宣言」が発令します。
混沌とする中、
少しでもコロナの不安を緩和し
社会貢献できることはないか考えています。

今週は「マスク不足」問題に
できることを模索し、
マスク製造へ「緊急資金援助」をしました。

医療、介護、保育、交通機関、
食品、製造現場など
コロナでも人々の生活が困らぬよう
闘って下さっている人たちがいます。

国家施策に比べると
微力にしかなりませんが、
一枚のマスクで
安心して働ける人が
一人でも増えたらと思っています。

マスクを調達し次第、配布します。

この記事をシェアする facebook twitter line