お問い合わせ 企業向けセミナー 学生向けイベント

レガシード代表
近藤悦康ブログ

2019.07.22 経営について

オフィスの内装デザインに1億円以上かけて、こだわる理由(2/5)

社員30名で、2フロア200坪。
内装・什器費に1億円以上のお金をかけている
理由を5つのポイントでご紹介している企画!

1.理念の浸透化
・・・経営観や社員への想い、未来の指針の浸透を図るため

2.社員の快適化
・・・社員が仕事がしやすい環境を整備するため

3.採用の拡散化
・・・採用活動を優位に進めるため

4.営業の効率化
・・・営業活動、提案確率の効率化を図るため

5.資金の効率化
・・・CFをよくし、資金を効果的に運用するため

今日は、2つ目の「社員の快適化」についてお話します。

仕事をしていると多くの時間を
オフィスで費やすことになります。

オフィスが快適でなければ
カフェやホテルのラウンジで
仕事をしたくなります。

だったらオフィスいらないじゃん。
という話です。

カフェやラウンジのように
落ち着いた雰囲気でドリンクを飲みながら
快適な集中できる環境で仕事をできると
オフィスにいる意味が見いだせます。

私たちの会社は俗に言う
「フリーアドレス制」です。
僕はチェンジスペースと名付けていますが、
自分の気分や、やろうとしている仕事に
最適な場所を自分で探し、そこで業務に取り組むというものです。

仕事といっても、集中して作業する制作や
メンバーとコミュニケーションをすることや
商談、電話、データ集め、プランニングなど様々です。

それぞれの仕事の成果が一番出る環境で
仕事に取り組めると良いと考えています。

執務スペースもあれば、カフェやバーラウンジのようなスペースも。
暖色系のライトでカフェのような空間もあれば
蛍光灯で明るいスペースもつくっているのです。

壁一面ホワイトボードタイルになっていて
アイディアを書き出してディスカッションやワークショップが
できるスペースもあります。

クリエイターは集中して作業ができるように
隔離?された白基調の部屋で、作品作りに邁進できるようにしています。

そのほか、社員の快適さをつくるための工夫で言うと
3つのことを促進しようとしています。

・健康
・学習
・遊び

です!

ではまず、健康促進は・・・

健康食の社食を当番制でつくって
みんなでランチをとるキッチンシステムを社内に
つくっています。
特別に換気扇をとりつける交渉が大変でした(笑)

また、朝礼をする場所のモニターには
全社員のコンディションチェッカーが表示されています。
今日の退社予定時間、昨日の睡眠時間、
今日の体調とメンタルを天気予報マークで共有されます。

各自の健康状況を皆が気を配ってあげる文化を
醸成することを大事にしています。
次のオフィスでは、身体を鍛えたり、メンテナンスできる
コーナーを作りたいなぁと思っています。

次の、学習促進は・・・
800冊以上の書籍が自由に読めるライブラリーがあります。
借りて帰ることもできます。
先人の知恵を吸収し、自身の行動に取り入れる文化を大事にしています。

そして、子どもをオフィスに連れてきて
働いてよいスペースもあります。

「ブリッジスペース」
カラフルなクッションがたくさんあります
靴を脱いでいられるので、子どもにも好評!
子育てをしながら働くメンバーもオフィスに行きやすい環境づくりです。

ここで、子どもは親が働く姿勢を見ながら学習するんです。
将来、人事コンサルタントになりたい!となるかもですね。

さて、最後に遊びです。
レガシードのオフィスには、遊べる要素も組み込まれています。
レコード盤をかけて音楽を楽しめるDJブース。

棚にはお酒が並んでいて、好きなお酒を仕事帰りに
バーカウンターで飲んで帰ってOKです!
ワインセラーもあります。

ダーツや卓球台もあり、
オフィス内で仕事後や休憩中にリフレッシュできます。
最近、内定者に次のオフィスは
ビリヤード台が欲しいとせがまれました(笑)

卓球台にはハーバード大学の図書館にかかれた
人生で成功するためのメッセージを英語で記載しています。

—————————–

1. sleep now, you will be dreaming, study now, you will be achieving your dream.
今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学びをすれば、あなたは夢が叶う。

2. Today that you wasted is the tomorrow that a dying person wished to live.
あなたが無駄にした今日は、死んだ人が必死に生きたいと願った明日である。

3. when you think you are slow, you are faster than ever.
物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。

4. Don’t postpone today’s work to tomorrow.
今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。

5. the pain of study is only for a moment, but the pain of now having studied is forever.
勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。

6. in study, it’s not the lack of time, but lack of effort.
勉強するのに足りないのは時間ではない。努力を欠くからできない。

7. happiness is not proportional to the academic achievement, but success is.
幸福には順位はないが、成功には順位がある。

8. Study is not everything in life, but if you are unable to conquer study that’s only a part of life, what can you be able to achieve in life?
勉強は人生の全てではないが、人生の一部である勉強さえもできなければ、あなたは人生でいったい何が達成できるというのか?

9. you might as well enjoy the pain that you can not avoid.
苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。

10. to taste success, you shall be earlier and more diligent.
人より早く起き、人より努力して、はじめて成功の味を真に噛みしめる事ができる。

11. Success doesn’t come to anyone, but it comes to the self-controlled and the hard-working.
怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は自己管理と徹底的に仕事に取り組んだ者である。

12. the time never stops.
時間は、一瞬で過ぎていく。

13. Saliva you drooled today will be tears falling tomorrow.
今の涎(よだれ)は明日の涙となる。

14. study like a dog and play like a premier.
犬の様に学び、紳士の様に遊べ。(脇目も振らず貪欲に学び、余裕もち筋目を立てて遊べ)

15. if you don’t walk today, you have to run tomorrow.
今日歩くのを止めれば、明日からは走るしかない。

16. a person who invest in tomorrow, is the person who is faithful to today.
一番現実的な人は、自分の未来に投資する。

17. the academic clique is money itself.
教育の優劣が収入の優劣。

18. today never returns again tomorrow.
過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。

19. At this moment, your enemies books keep flipping.
今この瞬間もあなたのライバルは熱心に読書をして力を身につけている。

20. no pains no gains.
苦労なくしては利益は得られない(苦しんでこそはじめて進める)。

—————————–

どうですか?
仕事も遊びも真剣で夢中になれる環境づくり。
これが令和の時代には大切です。

社員がオフィスを仕事でも、
息抜きでも利用したくなるスペースを
巧みにつくると
社員が働く環境においての不満要素が少なくなります。

社員の創造性を駆り立てるオフィス空間。
次のオフィスではさらに追求していきたいものです。

次回はオフィスデザインを
人材採用活動の優位性につなげる秘訣を書きますね。

この記事をシェアする facebook twitter line