お問い合わせ 企業向けセミナー 学生向けイベント

レガシード代表
近藤悦康ブログ

2019.08.22 経営について

オフィスの内装デザインに1億円以上かけて、こだわる理由(4/5)

社員30名で、2フロア200坪。
内装・什器費に1億円以上をかけている
5つの理由を紹介している企画!

今回は4つ目の
「営業の効率化」についてお伝えします。

実は、これが一番大きな理由と
言っても過言ではありません。

私たちのビジネスモデルはBtoB。
また、プル型マーケティングが中心です。

ですから、講演を聞いたり、
書籍を読んでいただいたり、
ホームページをご覧いただいた
経営者や人事採用担当者から
お問い合わせをいただきます。

通常、お問合せいただくとご連絡をし、
お伺いして提案をするスタイルが多い
と思います。

しかし、
私たちは、お問い合わせをいただくと
当社のオフィスにお越しいただく
価値をお伝えし、
ご訪問いただきます。
北は北海道、南は沖縄まで
全国津々浦々から
経営者にお越しいただきます。

なぜかと言うと、
経営者や人事担当の方が
当社のオフィスにお越しいただくと
様々な気づきや発見など
自社で取り入れたいと思えるような
工夫が詰め込まれているからです。

就活生が年間1.7万人応募する
会社の環境、文化、空気に
触れていただけるのです。

このオフィスツアーには
学生も含め、
年間4000人を超える方々が
お越しいただいています。

当社のオフィスツアーは15分程度で
その中で、

理念やフィロソフィーの浸透法
朝礼や表彰のやり方
社員プロファイルの共有の仕方
社員の健康サポート施策
人材採用の進捗管理ボード
学生が口コミたくなるオフィス設計
チェンジスペースの概念
新人教育のあり方
経営の数字や計画進捗の共有化
環境整備の方法

などなど
オフィス空間から
組織のつくり方、人材採用のやり方が
紐解けるようになっています。

オフィスツアーは
内定者や入社1年目の社員が
基本行います。

 

当社の考え方や仕組みをしっかりと
自分の言葉や経験で話してくれるので
当社の新人の質の高さに触れていただく
瞬間でもあります。

そして、当社の取り組みや考えに
興味や関心をもっていただいた上で、
新卒採用の課題や
人材育成・組織づくりの課題を
伺いながら当社のソリューションを
ご紹介いたします。

ですから、決定確率も高まります。
スポーツで言うなら
ホームとアウェイの違いです。
こちらから訪問し
社長室や応接室に通され
緊張感のある空間で
提案するよりも、
自分たちのペースでご案内できるので
スムーズに提案をすることができます。

また、お越しいただくことで
時間や経費の面でも効率的です。

その分、絶対にお越しいただいたお客様が
来てよかったと思っていただける
価値や驚きを届けることを大切にしています。

自社が実験室であり
モデルスペースでもあります。
自社でやっているからこそ
説得力があり、再現性がもてるのです。

人が来たくなるオフィスをつくれば、
営業効率、業務効率を上げることができるのです。

この記事をシェアする facebook twitter line