より優秀な人材を採用するためにはパンフレットが重要




採用とパンフレットの関係




就職活動をする際、多くの人が少しでも良い企業に就職をしたいと思うものです。ここでいう良い企業というのは福利厚生ややりたいことにマッチすることなど、様々なものがあります。しかし、これらのことというのは入社してみないと分からないことがとても多く、入ってから知るのでは、合わない場合に自分にとっても企業にとっても不幸なことになってしまいます。仕事が辛いと思ってしまったり自分に向いていないと感じたりすると、長続きしなくなる原因にもなります。


そうならないためにも、入社する前に企業の業種や具体的な取り組み、業績といったものをきちんと理解して、自分自身に向いていると思えるもの、やりたいと思えることを取り扱っている企業に就職をしたいところです。そして、様々な面で自分の条件に合う企業のことを良い企業と捉え、そこに就職するために試験を受けたり履歴書を提出したりしていきます。


その中で役立つのが企業のパンフレットです。企業はパンフレットに企業としての取り組みや事業の内容を紹介し、自社の特性をアピールしますが、就職活動をしている学生や株主はこれらによって企業の具体的なイメージを持つこともあります。その印象が就職先を決めたり、株式の購入を決断したりということにもつながる可能性があります。


これは就職活動をしている学生にとって意味があるだけでなく、採用側の企業にとってもより良い人材を集めることにつながるため、パンフレットにこだわることは大切です。冊子を見てこの企業に就職をしたい、働きたいという気持ちを持ってもらうことができなければ、企業は多くの内定者を集めることができません。さらに、集まった就職希望者の中からより優秀な人材を集めるためには、まず、優秀な人に選んでもらう必要があるのです。そのためにも、企業としては事業への取り組みや企業の特徴というものをしっかりと就職活動中の学生に伝え、興味を持ってもらえるような冊子作りに取り組む必要があります。



より良い人材を採用するために




企業情報というのはインターネット上に記載をしたり冊子にせずに紙にまとめたりして配布をしても問題ありません。近年ではペーパーレス社会が進んでいるために紙媒体でのものを作るということは減りつつあります。もちろん企業の中には冊子にするのではなくPDFにしてデータ配信をするという企業もあります。しかしながら、それでもパンフレットを作成するのを続ける企業が多いのは、冊子にするからこその良さであったり、紙であるからこその良さというものがそこにあるからです。


紙にすることによって、企業としてのデータや情報だけでなく、働いてからのイメージや社風といったものも伝えていくことができます。これは冊子のレイアウトや紙質、配色といったもので社内の様子を表現することができるためです。そして、これらがパンフレットを作成するにあたってとても重要なものであり、インターネットでは実現できないことなのです。


新卒や中途での採用というのは、企業にとって新たな人材を得てさらに企業が成長していくためにとても大切なことです。そのため入社した社員に対して大切に育てたいと思うのは当然のことですが、少しでも優秀な社員に自社を選んで欲しいと思うのもまた当然のことです。有能な人材が集まる方が企業としては教育の時間を割く割合も少なくて済みますし、企業としての発展にも貢献してもらうことができます。そのような人材に自社を選んでもらい採用面接に来てもらうためにも、採用案内の冊子というのはとても重要なアイテムであると認識し、自社へのイメージを正しく掴んでもらえる冊子作りに勤める必要があるのです。



より良い人材を集められるパンフレット




少しでも優秀な人材を採用したいからといって誇張した内容をパンフレットに記載をしても意味がありません。きちんと自社のありのままの姿を伝えつつも、これからの成長へ期待を持ってもらえたり、企業として明確なビジョンがあり共に成長をしたいと思ってもらえたりすることが重要です。そのために、企業としての情報を正確に伝えると共に、そのイメージを共有しやすいような内容に仕上げていくことが必要になります。


とはいえ、ただビジョンを語るのではなく、このような冊子としてのビジュアルについても考えて、完成度の高いものに仕上げていくのはかなり大変なことで、素人には難しい作業です。素材や色、フォント、写真、イラストといった色々な要素を企業イメージと合致するものにしていくためには考えるべきことが沢山ありますし、それらをうまく取り入れるためにはセンスも必要です。


そこで、もしも自分たちだけで作成することが難しいと思ったら、パンフレット作成の仕事をしている業者に依頼するのも一つの方法です。プロであればパソコンを使ってのデザインや採用案内の原稿作成についてのノウハウも多く持っているので、読み手である就活生に対して自社の強みや魅力をしっかりアピールできる冊子を作り上げることが可能です。


作成をしていく中で、第三者の目が入ることは色々な効果をもたらします。自分たちが気づいていない自社の魅力を知ることができたり、強みと弱みを確認することができたりもします。これらは企業が成長するのにとても重要なことですし、就活生にアピールするべき部分を理解するのにも役立ちます。