人事やコンサルティングについて




人事の役割について




会社にはさまざまな部署があります。例えば営業部は商品やサービスの利用を増やすために新規開拓をして新しい顧客を見つける部署です。また、開発部が存在する企業もあります。開発部は商品開発などをする部署で、新しい商品を考案するなどして既存製品の見直しなどをするところが多いです。このようにさまざまな部署がありますが、人事部も重要な部署の一つになります。


人事に関しては悩みを抱えている企業はとても多いです。人事と一言で言ってもさまざまな役割を担っています。例えば能力開発です。能力開発では主に社員の育成などを担います。企業の中には社員教育に対しておろそかになっている企業は多くいます。社員は会社にとって欠かすことができない存在の一つです。もし社員の能力が低い会社においてはその分会社が得られる利益が低下する恐れがあります。また、理念などを理解していない社員が増えることで会社が目指す方向性が曖昧になる可能性もあります。そのため、社員教育は人事が担う重要な役割の一つになります。また、新人社員への教育も担います。


その他の役割としては労働管理機能です。従来に比べて企業には健全さが求められることが多いです。例えば長時間労働を課す企業は少なくなっています。また、企業の中にはなるべく残業を減らす取り組みを行っているところは多いです。労働管理をすることは人事が担う役割の一つで、どのように管理すれば社員の働きやすい環境を構築することができるのかなどの取り組みもなされます。処遇決定も役割の一つです。処遇決定の一つとして挙げられるのが、社員の配属先です。先ほども述べましたが、複数の部署を設けている企業が多いので、一人ひとりの社員がどのような部署に所属するのかを決定する部署でもあります。


それ以外の処遇決定としては人事異動です。部署だけでなく、会社の中には複数の支店がある企業があり、定期的に人事異動をして社員を別の地域の支店に派遣させる会社は少なくありません。このように処遇の決定においては人事異動など社員の働く場所の決定を行う役割になります。採用活動をすることも役目の一つになります。企業の中にはこの採用活動に課題を抱えているところが多いです。



採用課題をコンサルティング業者にサポートしてもらおう




採用課題を抱えている企業の中にはコンサルティングを利用しているところもあります。コンサルティングとは人事などさまざまな企業が抱える悩みに対して提案を行い、アドバイスをしてくれる業者のことです。では実際にコンサルティングを利用することでどのようなサービスを得ることができるのでしょうか。例えば採用サイトの企画、制作です。企業の中にはホームページなどでリクルート活用をしているところは多いです。


今では求職中の人はさまざまな企業の福利厚生や給与などを比較して自分が働きたい企業を選択しています。そのため、できるだけ魅力に感じる採用サイトでなければ応募してもらえる確率を上昇させることは難しくなります。コンサルティングを利用することでプロの人が応募数をできるだけ上げることができるように企画制作をしてくれるので、現在の採用サイトのデザインを変更したい会社は利用することで変えることができます。


その他のサービスとしては求人広告の原稿作成です。今では自社ホームページの採用サイトだけでなく、求人サイトなどの求人サービスを利用して人材の獲得を試みている企業は多いです。コンサルティングを利用すれば原稿を作成してくれるので、採用活動の負担を軽減して、応募の増加を期待できる原稿を公開できる可能性があります。その他にも単独企業PRの支援も行ってもらうことができます。例えば優秀な学生が集まる場所で企業PRをすれば効率的に優秀な人材を獲得できる可能性があります。このようにコンサルティング事業を展開する業者を利用することで採用課題に対してサポートを受けることができるので、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。



コンサルティング事業を展開する業者選びのコツ




コンサルティング事業を展開する業者は複数あるので、採用課題など人事に関する悩みを抱いている人の中にはどのようなコンサルティング業者を選択すればいいのかわからない人も少なくないでしょう。選び方のポイントとしては自分が受けたいサービスを提供してくれるかどうかです。コンサルティング業者の中にはホームページなどで取り扱うサービス内容を公開してくれます。自社が利用したいサービスがあるかどうかを確認して選択するようにしましょう。


その他にも事例紹介を確認して実際にその業者を利用した企業はどれぐらいいるのか、悩みを解決することができたのかを確認することです。実際に事例紹介は利用した人の意見などを知ることができるので、業者を比較する時などに参考できる情報として活用する企業は少なくありません。業者を決定することができたら問い合わせをしてアドバイスを伺いましょう。