企業の未来を担う優秀な人材を見極める面接官のトレーニング

面接官が担う重要な職責とトレーニングの必要性



企業の採用試験としては、履歴書の内容確認から一般常識の筆記試験や性格テスト、更には集団面接から最終的な個人面談と、大まかな流れに於いては共通点が見られます。採用担当者はこれらのデータに基づき、段階を経て採用候補となる人材を徐々に絞り込み、最終的な内定に至りますが、その結果全応募者が設定したハードルをクリア出来ない場合、採用者ゼロの判断を下すケースも珍しくありません。

何より経営という土俵において、見知らぬ他人を自社スタッフとして雇用する判断は非常に「重い」行為に他なりません。法的に定められた最低賃金以上の支払いを約束して雇用契約を交わしても、直接間接を問わず、結果としてその人材が自社に相応の貢献を見せなければ、お金の面に関してはデメリットになってしまうのが現実です。更には法的に、雇われた側はさまざまな場面で保護されるため、不要な人材だからと即「クビを切る」という行為は許されません。

何より実際に、自社に名実共に利益をもたらす社員の育成には、相応の年月と先行投資が欠かすことができないのは周知の事実です。人間を1人雇う行為はこのように極めて責任を伴う重要な判断であり、その担当者には冷静な判断力や近未来の洞察力など、さまざまなポイントを正しく見極める眼力が求められます。

また、面接は応募者と担当者の真剣勝負の空間に他なりません。時に、面接官側が応募者に主導権を握られてしまう展開も生じる可能性もあります。応募者にとっては限られた時間の中、全身全霊を賭けた勝負の時間です。それを受けて立つ面接担当者には、人間1人と自社の未来を握る職責を担う者として、数多くのハイレベルなスキルが求められて当然なのです。名実共にプロフェッショナルと言える面接担当者を育成することは、全ての企業にとって最重要課題の1つに他なりません。



人を見極める眼力を体得するには



企業が実施する採用試験には、幾つかのハードルが設定され、全応募者から書類審査や筆記試験あるいは性格診断など、幾つかの段階を踏んで絞り込んで行く流れが一般的です。そして最終段階の重責を担うのが他ならぬ面接官であり、その役割は大変重要です。ご自身の採用試験時の集団面接あるいは個人面談を思い返していただければ、面接官が応募者にとってどのような存在と映るのか、そして求められる立ち居振る舞いや口調、スキルがどのようなものであるかは、十分推察出来るに違いありません。

とりわけ個人面談は、応募者にとっては「真剣勝負でのコミュニケーションタイム」との表現がマッチします。自身の採用不採用が、僅かな時間の自身の一挙一動で決定する訳ですから、応募する側は全身全霊で臨んで当然です。その想いを冷静沈着に受け止めつつ、実質初対面の相手の人物像と自社の一員としての可能性などについて、限られた時間での質疑応答を通じて、的確に見抜く眼力と人間力が求められるのが面接官です。

面接官としてある程度経験を重ねる中、自身のスキルアップは自然と叶いますが、それだけでは受動的な自己啓発レベルでとどまってしまい、企業と自身双方にとってベストとは言えません。やはり然るべき裏付けに基づくトレーニングを重ねるという、舞台裏での努力が欠かせません。



数多くの企業の感謝と推奨の声



勤務先で何か新たな職責を任命される時、まずは先輩の背中を見て「盗み学ぶ」努力を通じ、次の世代へと受け継がれて行くのが自然な流れです。もちろん、直接指導や引継ぎに際しての申し送りなどもなされますが、多くの場合その手法に関しては、先任者すなわち先輩格の独断に委ねられる部分も少なくありません。1個人の技量と采配での伝達には当然、発信者側の個性や価値観が色濃く反映されます。例えば職人の世界に於いて、弟子は師匠の芸風や作風に自然と似る傾向が顕著に見られますが、職場の先輩後輩あるいは上司と部下に於いても、同様の傾向はあると言えるでしょう。

面接官という職責に関しては、あくまで自社を代表して応募者を見極める冷静沈着な視点が求められ、上記のような「自然とお手本に似る」といった傾向は、時に弊害となるリスクが否めません。先輩の面接時の立ち振る舞いなどを見て学ぶ事こそ叶いますが、深い部分で必要不可欠なスキルや専門知識、更には咄嗟の判断力などに関しては、やはり確かな理論と実績に裏打ちされたノウハウに基づいた指導が欠かせません。

面接官育成を目的とするトレーニングは、日常スポットが当たる分野とは言い切れず、企業をサポートする各種サービスや教育関連情報でも、決して頻繁に目にするものでもありません。だからこそこの重要な作業に早くから着目から実践された各企業が、その確かな成果を知っているのが現状です。決して絶対数は多くはありませんが、そのメリットを称賛し推奨する声が、確かな説得力をもって発信されています。必要性を感じられている企業においては、導入を検討されるのも選択肢のひとつとなるでしょう。