企業を健全なものとする採用コンサルティング


人材は起業にとっての生命線



人材というものが企業に及ぼす影響は、驚くほど大きなものがあります。企業を支える盾であり、石垣であるということを考えると、いかに大きな存在であるかがわかるでしょう。人材が優れているところは、必然的に業績が伸び大きくなっていきます。逆に人材が不足すれば、どんなに優れた商品を持っていたとしても無駄です。それを売る人間も作る人間もいなければ、利益を上げることにつながっていきません。だからこそ、常に人材が必要であり、確保していかなければいけません。

人材を確保するということは、企業にとって生命線であることは間違いありません。ですが、数がいればいいというわけではなく、有能な人材を集めていくことが重要になってくるでしょう。そうなったときに、自社の能力だけで有能な人材を集めることができるかどうかといえば、100%確実であるということがいい切れる企業はありません。

なぜかといえば、人材を集まることが本職ではないからです。ほかにさまざまな事業をしているはずですが、人材を集めるという企業ではないでしょう。そうなると、有能な人材を数多く募集したくても、実際にはそうはいかない状態ができあがります。定着率が低く、すぐに離職してしまうということは、企業側に問題があるといわれやすい部分がありますが、実際にはそうともいえません。ミスマッチということが起きてしまえば、常に離職ということが出てきます。そういった事態にならないように人材を集めるために、採用コンサルティングを利用するということが一般的になってきたといえるでしょう。



有能な人材が企業の成長を止めない



有能な人材を集めていくということを考えなければいけないのは、毎年のことであることを忘れてはいけません。企業が成長していく過程を考えた場合、人材の空白ができてしまったらどういったことになるのでしょうか。ある年だけは、いい人材が集まらずに離職が続いたとします。そこに空白ができるということは、人材の年代のバランスが崩れてしまうということになるでしょう。これを補うのは、非常に難しい問題を抱えます。

あとから募集をかけたとしても、その年代が入社してくれるとも限りません。それどころか、望みはかなり薄いと考えなければいけないでしょう。有能な人材を毎年確保していくということは、こうした問題の対策にもなっていくといえます。その分だけ、企業としての衰えを防ぐことができるようになり、年代がリスクになってしまうようなことも起きません。耐力の高い企業をつくり上げることができるのも、優れた人材が満遍なく存在するという状態を築けるからです。採用コンサルティングを利用していくというのは、大きな価値があることがわかるでしょう。

将来的な衰退も防ぐことができるようになり、長い期間で成長させるということでも、有効な手段となってくるからです。社内だけでこうした人材をそろえることができるかどうかといえば、難しい可能性もあります。人材を見極めるということは、それだけ経験が必要ですし、将来を見渡すことができるビジョンもなければいけません。採用のスペシャリストだからこそ見えることはたくさんあるといえるでしょう。



人事の負担を軽減する



採用コンサルティングということでは、人事部の負担を軽減するということにもつながることは忘れてはいけないポイントです。人事の負担を考えるとわかりますが、採用ということはすぐには終わりません。長い時間をかけておこなっていかなければいけないことが問題です。

時間をかけるということは、その分負担が増大することになりますが、これで正確な評価を下すことができればそれでも人材を手に入れることはできます。ところが、担当者が変わってしまうということも出てきますし、採用だけに力を注いでいるわけにもいきません。多くの人材を採用したいという場合にはなおのことです。

こうした負担をかけたとしても、長く有効な人材を見つけることができるかどうかは別問題になってしまいます。採用コンサルティングを利用することによって、自社の能力も最大限生かすことができるでしょう。さらに、人事の負担は大幅に減らすことができるようになります。その分を他にそそぐことができるようになるのですから、大きな違いが出てくるでしょう。業務としても、健全に進めていくことができますし、問題も減らすことが可能です。

イレギュラーな問題が発生した時でも、対応は素早くできるようになるのですから、負担の軽減の効果は少なくありません。評価を正確に下すということでも、採用コンサルティングは有効です。特に新卒の評価を下すというのは、難しい部分もあるでしょう。何ら経験のない人材から見つけるのはプロでないとわからない部分があります。だからこそ、有能な人材を見つけるための手段が必要であり、もっと有効に活用していくべきです。