会社説明会の運用の重要性と応募者を増やす説明会のノウハウ




会社説明会で第一希望は変わる




会社に対してのイメージを確実に決めるものや、就職したい会社と思わせるものとして会社説明会はとても重要なものです。どれだけホームページや求人サイトに良い会社のイメージが伝わる情報を掲載していたとしても、それが事実かどうかは実際に会社を訪れなければ判断ができません。そのため、多くの学生は実際に会社を訪問して、その従業員の様子を確認することで会社の印象を決め、就職したいと思う企業を決めるのです。


この、就職したいと思う企業を決める決定打となるのが説明会です。多くの学生が就職活動を始めた当初と、採用試験を受け始めるまでとで希望する企業を変えています。就職活動中に第一志望の企業が変わる人はかなり多く、この人たちが第一志望を変えた理由として説明会への参加を挙げているのです。それほど説明会というのは、就職活動中の学生にとって大きなインパクトを与えるものであると言えるでしょう。


今はインターネットが普及しており、会社説明会を開催しなくても多くの人に会社概要を伝えるチャンスがあります。インターネットのサイトで、企業としての取り組みや募集要項といったものをアップするだけでなく、人事担当や経営者が動画で挨拶をしたり具体的に求める学生像を紹介したりということもできます。そのような方法を使うことなく、あえて多くの学生を集めて説明会を開催するのは、それだけその会を開催することによって得られるメリットがあるからです。


また、説明会は簡単に行えるものではなく、開催にあたっては準備も必要ですし人材も経費も発生するものでもあります。そのようにして説明会を行うのですから、少しでも優秀な人材が自社を志望してくれるよう、企業側もしっかりと考えて運営をすることが必要です。



多くの人が志望する企業の会社説明会




会社説明会というのは、ただ会社の経営状況や今後のビジョンを説明するだけでは意味がありません。多くの学生にとって参加してよかった、この人たちと一緒に働きたいと思えるような会の進行をすることが重要です。そこで特にポイントとなるのが司会者です。司会者はあくまでも司会が仕事であり、企業の説明については行いません。また、多くの場合には進行表が用意されており、その原稿に従って話を進めていきます。そのため誰でもできると思われがちです。しかしながら、実は司会者の雰囲気が学生にとってその企業を印象付けるものですし、司会者の進行によってその日の説明会の満足度も変わってくるのです。


そこで、司会をする人は必ず事前にしっかりと原稿に目を通しリハーサルをしておくことが重要です。当日原稿を読んでいて詰まるようなことは決して許されませんから、しっかりと読んで流れの把握もしておきましょう。原稿を確認することで、当日の会が滞りなく行えるかの再確認をすること、そしてもしも流れが悪いと感じる部分があれば修正を加えることが必要です。スムーズに会が進行すれば、説明会の印象はグッと良いものになります。


次に、会の進行をしている時や学生の入退場時には笑顔で積極的に挨拶をすることが大切です。司会者はその日の説明会で最も長い間前に立つ人物なので、学生にとってその企業の印象を決める重要な存在となります。そのため、常に笑顔で挨拶をすることができていると、企業のイメージも良いものになるのです。そのため、緊張することなく余裕を持って会場で過ごすこと、スムーズな会の進行ができるようリハーサルを行うこと、当日も早めに会場入りすることなどが望まれます。



自社の会社説明会に不安がある場合




会社説明会をしている中で、思うように企業の志望者が集まらないということで悩んでいる企業も少なくありません。自分たちでは、あれこれ工夫をして企業としてしっかりと魅力を伝える説明会を実践しているつもりでも、学生には全然響いていないこともあるものです。どうしても、企業側と学生とには感覚のズレがあり、これが大きくなると企業の意図していることが思うように学生に伝わらなくなってしまいます。


そこで、もしも思うように学生が集まらないという状況が続いている場合には、プロの力を借りることも一つのアイデアとして有効です。最近では、会社説明会や企業の求人についてのコンサルタントをしている企業というのが存在しています。このようなコンサルタントに相談をすることによって、自社の説明会の問題点や採用案内の記載事項の課題というものが明確になり、状況を改善するきっかけとなることがあります。


このようなコンサルタントは、多くの企業で説明会の運営や求人案内の作成に携わっているのでたくさんのアイデアを持っています。また、企業の外からその魅力について考えてくれるため、自分たちの気づいていない強みを発見することができたり、魅せ方を知ることができたりするきっかけにもなるのです。コンサルタントを通すことで、逆に弱みについても目を向けるきっかけとなり、それが企業として発展するために良い効果を生み出すこともあります。


もちろんコンサルティングをしてもらうのは無料ではありません。しかし、企業が成長するため、そして有能な人材を集めるためにはとても有効な手段になり得ると言えます。今の採用状況や説明会参加状況が芳しくないという場合には、その状況を改善するための選択肢の一つとして検討してみると良いでしょう。