優秀な理系の新卒を採用して即戦力に育てよう

求められる理系の新卒




理系の新卒は就職先がたくさんあります。理系の学生はエンジニア、研究職、ITシステム開発、インタ-ネット事業等の他にトラベル関係や金融関係等、文系の学生が望むような職業でも、その幅広い能力を発揮できるのです。こういった融通の利く能力の高さが各企業から注目され、就職を求められるということでしょう。


理数を勉強してきた学生は数字に強いのでIT関係のことはすぐに覚えられますし、仕事を期日通りにきちんとこなしてくれますから、信用できるのでしょう。そういったことは今までの人材がそのようなタイプの人がほとんどであったと言う情報を企業側は持っているからこそ言えるのです。また、そのタイプの学生は、男性でも女性でも仕事のできるタイプでしょうから、企業としては欲しい人材なのです。また、女性は男性の多い環境で生活してきた人ですから、自己表示のできる、意志の強い、はきはきと物を言えるタイプの人が多いでしょうから、そういった女性の活躍を望む企業としては採用したい人材でしょうし、男性においても、女性においても、即戦力となる人材を若いうちから教育して将来は企業の担い手になってもらいたいでしょう。そうなると、早めの社内教育が必要ですから、企業としては新卒で来てもらいたいということになるのは当然のことです。


そういったことから、企業は理数系専門の学生を数多く獲得しておきたいと考えるものでしょう。そのために人材発掘サービスの会社にそのノウハウを教わり、人材発掘において勉強を重ねていると言う会社も多いようです。人材発掘サービスの会社では、多くの企業がより良い人材を獲得し、会社を発展させるための特別プログラムもあります。こういったプログラムがあると、企業としては大いに参考になるでしょう。今後のために人材発掘という大きなプロジェクトに前向きに取り組むのは社会全体のためにも大事です。


人材発掘サービスの会社作成のプログラムを採用して、会社にとって良い人材である理数系の勉強をして来た学生を多く採用して今後の業務に備えると良いでしょう。人材は会社の宝と言います。その発掘に余念なく、励むのは今後の社会発展のために良いことですし、仕事のできる若者育成のためにも必要なことです。企業の努力は良い人材は集め、その会社の発展はもちろん、国全体の発展にもつながるでしょう。



理系新卒獲得のために出来ること




採用戦略を考えるコンサルティングを人材発掘サービスの会社で行う場合があります。このコンサルティングは学生獲得に悩む多くの企業から、共感されているようです。どんな内容のものか紹介します。こちらは、人材採用のための計画を練るのが第一で、最終的には採用プロジェクトのメンバーが集まり、その会社の売りや求める人材等を書き込んで、代々受け継がれるような採用ガイドブックを作り、その会社の将来に役立てるといったものです。


内からも外からもその会社の良さを見てもらえ、求める人材についても一緒に考えてもらえますから、わかりやすくい採用ガイドブックが作れます。こういったサービスを受けることで理系学生獲得に結び付けられる良いヒントを得られるかもしれませんから、こういったアプローチは大事にしたいですし、ぜひとも、受けたいものです。前向きに考えましょう。


また、人材発掘サービスの会社の考えですが、就職関係のサイトや企業の合同説明会の広告は人目に付くような工夫がほしいということです。そうしないと費用を掛ける分もったいないことになってしまう可能性ありでしょう。出会いを待つだけではなく、より確実なものにした方が効果ありということです。


求人のための広告は工夫次第で人が集まりますし、合同説明会はブースの工夫が必要でしょう。また、こういった形で外部に依存する以外に、その会社独自のセミナーやインターンシップのやり方を人材発掘サービスの会社が考えてくれます。そのような戦略で就活の学生が集まれば、学生の友人関係や後輩にも受け継がれる可能性は高まるでしょう。それに理数を学ぶ学生の中には体育会系のサークルに所属しているでしょうから、そういったところから、その会社の魅力を広げるチャンスです。学生向けのプログラムのチラシを渡してもらうのも手です。その他にも人材発掘会社の助言を基に様々な工夫をしてみましょう。



理系の新卒に




優秀な理系の新卒者にはメリットがたくさんあります。一番大きな点は、多くの専門技術を身に付けていて即戦力になるという事です。IT分野や薬品関係等、研究、開発において様々な分野でその能力を発揮してくれることは大いに期待できます。それに、理系の新卒は、文系の人が行くような金融関係、出版関係でもその能力を発揮しますので、選択肢が広いという事です。ですから、企業側としてはこういったメリットのある学生を確保しておきたいものでしょう。


この他にも優秀な理系の新卒者のメリットとしては、真面目で礼儀正しい人が多いという事でしょう。小さいころから、よく勉強をしてきた人たちですから、努力は惜しまないですし、好奇心も旺盛です。このため、研究、開発など様々な分野でその能力を発揮してくれることは大いに期待できます。だからこそ、理系の新卒はあちらこちらの企業で引く手あまたなのでしょう。


反対に、理系の新卒者自体が企業に求めることは、自分がこれまで取り組んできたことを遺憾なく発揮できるかという点です。実際に企業側で求めている対象分野を専攻している学生がいたとしても、企業の活動が広く知られていないと学生側が情報をつかむことができずに、応募をしない可能性もあります。


例えば、取り扱っている商品名や企業の名前と専攻分野が一致しにくいけれど、実は商品開発のためには理系の新卒者のスキルや知識を存分に発揮することができる場合もあります。このため、企業は、理系の新卒者にとってスキルを発揮することができるということが伝わるような工夫を行いましょう。学生たちに上手く伝えるためには、理系の新卒者のことを深く理解し、学生たちへも企業が行っている事業の詳細を理解してもらうことができる内容の説明会などを開催することが必要です。