内定辞退などの採用課題や学生向けイベントと業者の選び方





内定辞退などの企業が抱える採用課題について




多くの企業は一年に一度新規雇用や中途採用をして人員を補強しているのではないでしょうか。社員として会社に勤める以上は定年退職をするまで勤め上げたいという人も多いかもしれませんが、いつかは定年を迎えることになります。定年を迎えた社員は会社を退職するため、企業側はその人の代わりに仕事をしてくれる人を見つけなければなりません。企業によって採用の仕方は様々ですが、学生を積極的に雇用したいと考える起業も多いでしょう。学生を雇用することで、長いスパンで働いてもらえることもあり、若い力を使いたいと思う管理者、人事担当者は多いようです。


しかし、採用に関して課題を抱えている企業は少なくありません。例えば採用課題の一つとして挙げることができることは、内定辞退です。内定辞退とは書類選考や面接などを終えて企業側がその人材を気に入り採用することを通知して、その後に内定者から辞退の旨を伝えられることです。学生だけでなく求職者や転職者の多くは複数の候補から選択をして複数の会社に書類を送付したり、面接に足を運んだりします。つまり自分の会社だけに訪れて就職活動を行っているとは限らないのです。学生や転職者の中には第一候補や第二候補が自分の心の中にある人が多く、もし第二候補の企業から内定をもらっても第一候補の会社から内定通知を通達されれば後者に就職する人が多いです。


内定辞退を全てなくして円滑に採用活動をすることは難しいですが、これらの課題にサポートしてくれる人事コンサルティング会社があります。企業の中には求職者に対して会社紹介を行う会社説明会を設ける人もいます。そこで仕事を疑似体験をするワークの実施を行い、内定辞退の課題を少なくできた企業も存在しています。疑似体験をすることで、その会社で働く面白さなどを感じてもらうことができるので、企業で働く魅力を感じる方も少なくありません。魅力を感じることで内定辞退をする人も減ると考える方もいるのではないでしょうか。


更に合宿型で会社の理解を深めたり、内定者を集めたワークショップを開催したりすることで、その企業で働く不安を内定者は少なくすることができます。これによって内定者が内定辞退をする確率を下げられる可能性があります。企業の中には書類選考から内定通知を通達するまでが採用活動であると考える人もいますが、内定者の中にはその企業で働くことに対して不安を抱いている人も多いです。もし内定通達をしてその方達をバックアップすることができれば採用課題を減らして円滑な人材の獲得を実現できる可能性があります。



学生向けイベントについて




学生の中には自分の就職したいところに就職をして仕事をしたいと考えている人も多いですが、就活支援を受けることで求職活動に役立てることができます。例えば就活をするあたって、就活計画を立てる人もいますが、どのようにプランニングをすればいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。


大学生の中には今まで就職をしたことがない人も多いので、初めて就活を経験する人もいます。また、企業に応募する時は自己PRなどを作成したり面接対策をしたりするのが一般的です。自己PRは履歴書などに記載するケースもあります。企業の中には今までの経歴だけでなく、学生時代どのような部活動に入っていたのかや、どのような趣味を持っているのかを知りたいと感じるところも多いです。もし自己PRの仕方を知らずに就職活動を行うと希望の企業に就職することができない可能性があります。


更に書類選考などが終わり合格をした人はその後面接を受けることが多いです。確かに高校や大学に進学をする時、面接の仕方を学ぶことがありますが、進学と就職は根本的に異なることですから面接の正しいマナーや面接官がどこを見ているのかを前もって把握すれば役立てることができる可能性があります。もし就活に利用できる知識などを知りたい人は学生向けのイベントやセミナーに参加してみると良い情報が得られるかもしれません。採用に詳しいプロの人から直接指導を受けられます。



内定辞退などの課題を抱える人はコンサルティング業者を選択しよう




人事や学生向けキャリア支援を行うコンサルティング業務を担う業者の選び方を知りたいと考える法人や団体もいるのではないでしょうか。


まず選び方としては、幅広い事例を取り扱ったことがあるかどうかです。それぞれの企業で課題や問題が異なり、幅広い事例に対応してきた業者を選択することで多くの企業がサポートを受けられます。そのため、それぞれのニーズに対応してもらうことが可能です。


その他の選び方は問い合わせなど相談に対応してくれるかどうかです。問い合わせができる業者を選択すればサービスを利用する前に相談をして意見を聞くなどしてから利用を検討することができます。学生向けキャリア支援を利用したい方はセミナーやイベントなどを開催しているのかを、予め確認することで充実したセミナーを受けられるか検討することができます。