内定辞退の理由や対策について

内定辞退の理由を知る



企業の中には定期的に中途採用で人材を雇用したり、毎年新卒者を採用しているところも少なくないでしょう。企業の中には、今年定年退職を迎える社員が複数人いる会社もあります。定年退職をする人数が多いと、その人が遂行していた業務を代わりに行う人材を獲得する必要があります。また、企業で働く社員の中には会社の理念や待遇が自分に適さないと思い中途退職する人もいます。中途退職した社員がいる場合、人材を新たに雇用して業務に支障が生じないように別の人でカバーをしなければなりません。このように様々な理由で採用活動を行う人もいますが、面接をして働いて欲しい人材を企業側が決めることができたら、その人に内定通知を行います。その通知を出すことで面接に合格したことを知ることができます。しかし、通知すればその人は必ず春から働いてくれるという保証はありません。内定の承諾は面接を受けた求職者に委ねられるので、企業側は断られる可能性があるからです。

実際に企業の中には、辞退者が多いことで悩みを抱えているところも多くあります。悩みを解決するためには、なぜ辞退するのか理由を知ってみてはいかがでしょうか。内定辞退の理由の一つは勤務地や給与などが自分に合わないと感じることです。企業の中には複数の支店があり、社員は研修を終えると現在住んでいる都道府県とは異なる支店に移動しなければならないケースもあります。また、企業の中には出向をしてシステムの構築などを行うところもあるので、支店ではなくクライアント企業で働かなければならない会社もあります。できるだけ実家や現在住んでいる自宅から離れることがない場所を選択したい人もいるため、勤務地が理由で就業することを断る人もいるのです。

また、給与面においても就業を断るケースもあります。一般的に求職者の中で一社に絞り込んで求職活動をする人は少ないです。何故ならその一社に雇用してもらえなかった時、就業先に困る可能性があるのでリスクを回避するために複数の企業に足を運び面接をする人が多いからです。もし他社の方が給与面で待遇などがよかった場合、求職者の中には待遇がいいところを選択する人もいるため、結果的に内定を辞退されてしまうこともあります。その他の理由としては面接官の対応になります。企業の中には会社とは別の機関から面接官に来てもらい採用活動のサポートを受けるところもありますが、多くの企業は会社の人事部が対応するところが多いです。もし面接官の接し方が適切でないと会社の印象が悪くなることに繋がり、その企業を選択しない求職者もいます。



内定辞退の対策について



内定辞退にはこのような理由がありますが、できるだけ内定者に就業してもらうためにも辞退に対して対策をしたいと考える人事の人も多いです。対策方法の一つは企業の理解を高めたり、働きたいという意欲を高めるための行動を採用段階からすることになります。

会社をしっかりと理解してもらうためにはある程度の時間がかかりますが、もし理解のされ方が間違っていると正しい印象を持ってもらうことができない可能性があります。もし間違った理解によってマイナスな印象を求職者が持ってしまうと企業側にとって不利益となるので、会社説明会などを開催して正しく理解をしてもらう努力をしている会社も少なくないです。この会社で働きたいという意欲を高めるために企業の中には採用段階からフレンドリーに接したり、ランチなどに誘っているところもあります。ランチなどに誘われることで社員と接する時間が長くなるのでその会社に興味を持ってもらえる可能性があります。

内定通知をする時に印象に残るような出し方をして辞退対策をしている企業もあります。基本的に企業の中には電話や書類で通知をする人が多いですが、毎年の作業になるため業務のように行っているところも少なくないでしょう。通知の出し方に工夫をすることで興味を持ってもらえる可能性があり、内定辞退を避けられる可能性があります。



プロの業者に内定辞退対策をサポートしてもらう



このように内定辞退の対策を複数挙げることができますが、自社だけで行うことにハードルを感じる企業もいるのではないでしょうか。そのような企業ではプロのコンサルティング会社から指導を受けるところもあります。コンサルティング会社を利用すれば内定者と結束力を強めるためのサポートを受けることができます。結束力が強まることでその企業の一員であることを自覚することができるので、辞退のリスクを低下させられる可能性があります。

また、コンサルティング会社を利用すれば内定者のインターン制度を構築をしてもらうこともできます。インターン制度を構築することで更に就業することを止めてしまう人を少なくできます。更に、社会人としてのビジネスマナーの育成も内定者にしてくれるので、その指導を受けることでビジネスマナーを理解しそれが自信に繋がる可能性があります。