合同説明会で優秀な人材を確保するための秘訣とは?




説明会を成功させるために




新卒者の採用に欠かせない存在であるのが合同説明会です。しかし一社が学生に自社の魅力をアピールできる時間は短く、ライバルが多いのも合同説明会だと言えます。就職活動中の学生は豊富に集まった企業の情報をできるだけたくさん収集し、自分に合った魅力的な企業を探そうと必死なのですから、その中で自社の魅力を効率的にアピールしなければなりません。


合同説明会で良い人材を集められないという悩みを抱えているのは、その魅力のアピールがうまくできていないからかもしれません。説明会に来る学生は、たくさん参加する企業がある中で効率的に自分に合う企業を探すことを目的としています。そのために、事前に参加する企業の情報を集め、どのように説明会を回るかという計画を立てています。ですから、企業としては合同説明会の前に自社をどれだけ学生に認知させ、魅力的な企業だと思ってもらえるかということがカギとなります。


説明会で偶然立ち寄ってくれた学生だけに企業説明をするのはもったいない事です。参加費を払って、事前の準備をして、貴重な時間を割いて説明会に参加するのですから、よりたくさんの学生に短い時間の中で企業の魅力を知ってもらって、良い人材を集めたいというのは誰しもが思うことです。


合同説明会に参加したことで今まで興味がなかった企業に就職を決めた、という学生も確かに存在しており、そのような企業は説明会で成功していると言えます。説明会で良い人材を集めるためには一体どのようなことが必要なのか、紹介します。



説明会までに設計図を立てストーリーを組みたてる




まず合同説明会で成功するために必要なことは、作戦を立てることです。どのような人材を求めて、どのように自社の魅力をアピールするのか、どういう方法で他社との差別化を図るのか、といった設計図を立てておかなければ、限られた短い時間の中で良い人材を集めることはできません。


そのような設計図をしっかりと立てたら、合同説明会への参加になるのですが、説明会に参加しても学生が立ち寄ってくれなければ参加する意味はありません。たくさんの学生に説明を聞いてもらってこそ、事前に立てておいた設計図が役に立つからです。


そのためには就職活動中の学生が多く利用している就職サイトで企業を発見する機会を与える、目を惹く求人広告を作成するなど、企業に対して興味を抱かせることが大切になります。どのような業務を行っている企業なのか全く分からなければ、合同説明会に参加した学生も興味を示しません。企業の情報をあらかじめ学生に与えておく必要があります。


しかしながら、ただ就職サイトに掲載されれば良い、ただ求人広告を作れば良いというものでもありません。学生の心をつかむことができる魅力的な内容になっていなければなりません。魅力的な内容の情報を広く周知することができれば、合同説明会を成功に導くことも可能になるでしょう。


そして最後に採用担当のスタッフがどれだけ良い人材を採用することができるか、という点も重要なポイントとなります。就職活動中の学生のどこを見るのか、どのような面接をするのかというポイントを押さえておかなければ良い人材を確保することは難しいからです。合同説明会で成功するためにはこのように総合的な力が必要です。説明会の参加前に良い人材を確保するための準備が整っているかどうかを確認しておかなければなりません。



当日は自社の魅力をアピールし必要な人材を見抜く




合同説明会の当日にターゲットである学生が無事に集まったら、これまで準備してきたツールを使用して企業の魅力をアピールします。プレゼンテーションソフトで作成したツールによって説明を行うという企業が多いですが、紙に印刷した企業についての資料もしっかりと学生に手渡しましょう。学生は1日でたくさんの企業の説明を聞くので、後々残る紙の資料を残しておかなければ忘れられてしまったり、どこの企業の説明だったかわからなくなったりしてしまいます。


説明会では自社がどのような業務を行っている企業なのかということを説明しますが、学生としてはインターネット上では仕入れることができない情報を知りたいと思っています。そうでなければわざわざ説明会に来る必要はありません。なので、企業のホームページには掲載されていない情報を伝えると信頼感を得られます。ただデメリットばかりを伝えてしまうと企業の魅力が薄れてしまうので、そのバランスが難しいところでもあります。


そして説明会で学生が集まったら、自社に合う優秀な学生を見分けるということも大切です。合う学生には応募してほしいと思う一方、合わない学生にまで応募をされてしまうと、面接やエントリーシートの応募が多くなりすぎて、企業としては時間の無駄になってしまう可能性もあるからです。


できるだけ学生を集め、自社の魅力をしっかりと伝え、学生との信頼感を築き、しっかりと自社に合うであろうと思われる学生を見抜きます。そしてその学生に対して適切なアプローチができるかどうかという点が合同説明会を成功させるポイントです。