就活中の方々にとって何より心強い採用支援とは

採用支援が企業と就活中の方々双方にもたらすメリット



企業が新たな求人募集を掲出すると、求職活動中の人がその情報を確認して応募をします。説明会への参加や、場合によっては複数回に及ぶ面接を経て、最終的に双方が相互信頼関係を確かめるに至った時、新たに1件の新規採用が決定します。企業は未来の自社を託す人材を求めている以上、採用する人物は当然然るべき諸条件をクリアする能力を有した人でなければなりません。同時に応募する側からしても、勤める企業は自身や家族の生活の糧となる賃金を、契約通り長期的に支払ってくれる組織でなければならず、双方が双方を査定する目と姿勢は、自ずと厳しくなって当然です。

さらにはこの先数年、数十年の雇用関係を前提とする以上、双方の相性、すなわちマッチングの見極めが不可欠です。日々ひたすら勤務時間中に我慢を重ねることで賃金を受け取るのは、心身共に健全とは言えないのみならず、企業側からしても望ましい関係とは言えません。また見過ごせない点として、双方にとってベストマッチとなり得るような「出会い」自体が叶わない例もあります。企業側にとっては優秀な人物を確保したい、そして応募側からすれば何とか就職したいにも関わらず、結果すれ違いに終始することも数え切れません。

求職者側が確かめられる情報量が従来のままの状態では、これらのすれ違いやミスマッチが今後生じ続けてしまっても致し方ありません。だからこそ必要なのが、信頼と実績を誇る第三者によるサポートです。採用支援を行っている会社では、各方面から企業の採用フローの見直しを進めると同時に、求職者側にもセミナーなどを通じて情報を提供します。この分野に独自のノウハウで尽力を続ける企業に関して、注目が集まっています。



企業に求められる積極性



企業を支えるのは紛れもなく「人」であり、人材を「人財」と捉えるような経営理念を掲げている組織も数多くあります。そしてこの必要不可欠な自社にとっての財産を確保すべき時期は、必ずしも毎年1回決まった季節とは限りません。自社の運営状況次第で、早急に即戦力となる人材の確保が必要となるケース、何らかの事情で重要なポストに空席が生じてしまったケースなど、適切な人材補填、育成が急がれる場面は多々あります。このような時期における人材の確保は、自社の未来を大きく左右します。

こうした状況下で、数多くの方々がいわゆる中途入社を希望して求職活動に尽力していますが、実際にはベストマッチな出会いが叶わず、そのままニアミスとなってしまったり、各々が別方向を向いてしまったりするケースが後を絶ちません。この極めて残念な状況の原因は幾つも考えられ、企業側の情報発信が不十分である、求職者側の情報収集のアンテナの感度が低いなど、初動段階でのすれ違いが見過ごせません。

さらには採用試験段階での認識のズレや、担当者のスキルに関して問題があり、結果、元来であれば是が非でも確保すべき人材をスルーしてしまうなど、いわゆる誤判断に繋がっているパターンもまた、水面下では数え切れません。企業の採用に関わる全ての人達のスキルアップを含め、然るべき専門的なノウハウを確立した外部の存在から「学ぶ」姿勢も大切です。

仕事を探す側、そうした人材を求める側双方にとって大きなメリットを届けるサービスが採用支援です。今日経済社会全体に対しても非常に有益となるサービスを積極的に供給している業者があり、多くの企業で確かな成果を積み重ねているようになっています。



採用支援をキッカケに



試行錯誤を重ねるも、満足のいく人材確保が行えない、自社スタッフの育成が進まないなど、様々な部分において、企業としての改善改良の必要性を痛感されている方々は少なくありません。書籍やインターネットを通じ、こうした分野に関するノウハウなどが紹介されていますが、いずれも広く浅い一般論としての一方通行の情報であり、指導や助言を届けてくれる相手先との、ダイレクトかつリアルタイムでの質疑応答にはなかなか敵わないものです。

とりわけ歴史と名声を有している企業の場合、どうしても他の存在に弱みは見せられない、簡単に教えを乞うことが許されないなどの社内的価値観が定着しがちです。結果限られた自社内で検討が堂々巡りしてしまい、より狭くズレた方向へと結論を探してしまう傾向にあります。本当の意味で自社の未来に向けての改善改革を実践するのであれば、企業として担当者として、素直に様々なアドバイスや情報を柔軟に受け入れる姿勢と、疑問点を臆せず質問する姿勢、助言に対して積極的な実践を行う姿勢が欠かせません。

こうした企業としての内部努力は、多くを語らずとも確実に就活中の方々へ確実に伝わります。自分達を公平に見てくれ、かつプラスの部分に目を向けてくれる企業であれば、自ずと自身の未来を賭けるに値するとの判断につながります。採用支援はダイレクトに企業に届けられるフォローアップのみならず、間接的に就活中の大いなる可能性を秘めた方々にも、確かに届けられる総合的な支援であり、定期的、継続的にこの力添えを仰ぐことが推奨されます。