新卒の就職率や活動内容




新卒の就職率について




大学を卒業すると社会人として企業に勤めて仕事をする人も多いので、大学4年生になると就活をスタートすることが一般的です。確かに大学を卒業する人の中には大学院に進学する方もいます。大学院に進学予定の方は進学するための試験を受けることになるため、試験勉強をする人も多いです。大学生には複数の進路がありますが、就活を検討する人の中には新卒の就職率について知っておきたいと考える人も多いでしょう。


就職率は就職できた大学生の割合を示すものです。調査は主に厚生労働省などの調査で行われます。現在では新卒の就職率は90パーセントを超えており、就職できる人が大勢います。過去の日本経済を知る人の中には回復したと感じる人も多いです。好調の理由として挙げられるのが企業の人手不足です。


人手不足に陥るとクライアントへの対応などがカバーしきれなくなる可能性があります。また、既に社員として働いている人の負担が大きくなり、残業等が続くケースもあります。残業が続けば帰宅できる時間が減るので、家庭の時間を持てない可能性もあります。一方で企業側は残業代がかかることで人件費の負担が増えるため、好ましいと考える会社は少ないです。実際に人手不足に陥っている業種は複数あり、有名な業種としては物流などを挙げることができます。人手不足が原因で就職率は上向きです。


その他の理由としては景気の回復があります。過去にはリーマンショックがあり、この影響により日本経済も景気が悪化して企業の中には積極的に人材を採用しないところも登場しました。当然雇用には人件費がかかります。大企業においては一度に多くの人数の新卒者を採用するので、負担が少ないと感じる企業は少ないです。


当然人件費を支払うためにはその分企業は売り上げを出さなくてはなりません。景気が落ち込んでいると利益が下がることもあるので、慎重な姿勢にとどまる会社は多いです。しかし、現在ではリーマンショック当時に比べて景気は回復しており、積極的に人材雇用をする企業が増えています。現在の企業の中には積極的に女性を採用するところも珍しくありません。実際女性の就職率は徐々に上昇しており、男性よりも前年比を上回る年もあります。



新卒採用を目指す人へ




このように就職率は高いですが、学生の中には就活に不安を抱く人も少なくありません。そのため、新卒採用を目指す人は面接の準備をする人が多くいます。採用試験を設ける企業もありますが、大半の会社では採用判断をするために面接の機会を設けています。そのため、学生の中には面接の準備をしてなるべく悪い印象を面接官に残さないように努力している人も珍しくありません。


面接の指導は自分自身で行うと客観性などを欠く可能性もあるので、学生向けのイベントに参加をしてセミナーなどを受けて面接の準備をしている人も多いです。新卒採用を目指す学生の中には社会人になった時に活用できるように、社会で活躍する時に役立てられる講座を受講する人もいます。基本的に大学の授業では経済学や法律学などの専門的な知識を教えてもらうことができますが、社会に出てから活用できる知識を教授してくれる大学は少ないものです。そのため、このような講座に参加をすることで社会にスムーズに溶け込めるようになります。


さらに就活生の中にはインターンシップを利用する学生もいます。インターンシップは職場に足を運ぶことによって、実際にその現場で活躍する人から話を聞いたりすることができます。話を聞くことで社会で必要なマナーなどを学べます。


心構えを持って新卒採用を目指している人も多いです。例えば採用側の立場に立つことで、どのような人材を求めているのか知ることができるので、就活に役立てることができたり、説明会に出席する時には適切な服装と態度を心がけている人も多いです。このようにイベントに参加をしたり心構えを持って新卒採用を目指してみてはいかがでしょうか。



新卒雇用を目指す企業の方へ




企業の中には新卒採用を目指すために採用活動の見直しをしている人も多いでしょう。上記でも紹介したように就職率が高い現在においては採用する企業も多いので、積極的に採用活動を行わないと求める人物像を獲得できない可能性もあります。もし採用活動の見直しが自社のみで行うことができない場合、コンサルティング業者の企業向けサービスを利用してみてはいかがでしょうか。


もし企業向けサービスを利用すれば、自社が抱える採用に関する課題にアドバイスをくれます。例えば、採用基準が明確ではなく採用する際の方向性が定まっていないという課題や、求人広告などを出稿しているのになかなか企業が採用したい人物からの募集がない等です。課題へのサポートを受けることで、採用活動のスムーズ化や、人材雇用活動の見直しをする際に活用できます。コンサルティング業者の中には完全オーダーメードで採用システムの確立に協力してくれるので、利用を検討してみましょう。