新卒採用でサイトを活用し多くの人からの募集を集める

新卒採用担当は忙しい



毎年春先になると多くの企業が学生に向けて採用試験を行いますが、最近では応募者の不足や有能な学生が来ないなど様々な悩みを抱えている企業が多くなっています。少子化社会になったことで就職活動をしている学生の数がそもそも少なく、限られた優秀な学生というのは有名企業や業績のよい企業に取られてしまうことがほとんどです。そこで中小企業や新進の企業は、そのような厳しい環境の中でも少しでも優秀な人材を得ることができるよう、しっかりと自社のアピールをすることが必要です。

その中でもとても大切な役割を果たすのがインターネットサイトです。これは自社のページはもちろんですが就活サイトのページも含まれます。インターネット社会になったことで多くの人がインターネットで情報収集をします。そのため、見やすかったり知りたい情報がしっかりと書かれていたり、見ていて興味を持てるような企業であったりということはエントリーするかどうかを決めるとても重要な要素となっています。

しかし、このようなサイトを作成するのは企業の新卒採用担当の人であり、多くの人が毎年とてもたくさんの仕事を抱えて多忙を極めています。採用担当者といえば冬から春のみが忙しいと思われがちですが、内定者に向けてのインターンや研修を行ったり配属先を決めてそこの部署との連携をとったりと意外と年中忙しくしています。そしてあまり多くの人員が割かれておらず中には人事部の仕事と兼任して行っているということもあり、その仕事はとてもハードなものとなっています。そのため成果を出すための取り組みとしてシステムを構築したりサイトを適切なものにしたりといった取り組みまで思うように動けていない企業も少なくないのです。



少しでも魅力的な企業に見せるために



新卒の学生たちが自社に興味をもってくれなければ応募者は増えません。応募者が増えなければ優秀な人材を採用するチャンスは減ってしまいます。そこで少しでもチャンスを得るためには自社に興味を持ってもらうことが大事あり、そのためにはサイト作りは欠かせません。

多くの人はサイトを見てその企業がどのような社風なのか、業績はどうなのか、取り組んでいる事業内容はどういったものがあるのかといった基本情報を確認します。そしてその情報をもとに自分のやりたいことであるか、興味のあることか、その会社で働きたいかといったことを考えて少しでもプラスな感情を抱いたら説明会に足を運んでくれます。そのため、ホームページ上に書かれている内容が魅力的に思えるものでなければ足を運んでもらうことにもならないのです。

だからといって少しでも興味を持ってもらえるようにと事業内容や業績を過大評価してしまったり、オフィス内の写真を加工して現状よりもあまりにもきれいなものにしてしまったりするというのは逆効果です。このようなことをしてしまうと会社の信頼問題にもかかわってしまいます。そこで、現状をしっかりと正確に伝えつつ、自社の武器となるもの長所となることをしっかりと伝えていくということが重要です。

見やすくて簡潔な内容であり、清潔感、アットホームさ、上向きな印象といったポジティブなイメージの伝わるものを作っていくことが大切です。そのようなものを作るとなると正確な自社分析はもちろんですが、それ以外にもデザインの能力やホームページ作成のスキルといったものも求められるようになります。



プロにサイト作成を協力してもらう



サイト作成をするにあたって自分たちでは上手にアピールができない、センスのあるものに仕上げることができない、となればプロのコンサルティング会社に協力を依頼するのがおすすめの方法です。このとき依頼をする会社はただのホームページ作成のための会社ではなく採用についてのコンサルティング業務を行っている会社に依頼をするとトータルでの指導を受けることができます。

ただホームページが良いものになって多くの人が応募するようになっても新卒採用の担当者がしっかりと応募者をジャッジする目を持つこと、適性を考えて配属先を決めることができなければ成果は上がりません。そのようなことができずにいると人選をあやまり優秀な人材を外部に漏らすことになったり、配属先のミスマッチによって早期退職者を生み出したりする原因となります。そこで、応募者を集めやすいホームページを作成することと平行して採用担当者や人事担当の人たちのスキルを向上させることも併せて行うことを目指しましょう。

採用の仕事というのは一年中行われることであり、仕事内容も多岐にわたり忙しいです。そこで一度しっかりと仕組みを見直し担当者が動きやすいシステムを構築するということは今後の会社の業績を作っていくうえでもとても重要なことです。コストはかかりますが一度しっかりと見直して応募者にとっても担当者にとってもうまく行動しやすい動線を作り出しましょう。初年度は経費が掛かりますが、そこから優秀な人材を獲得し会社内で成果が出るようになればコストパフォーマンスは決して悪いものではありません。