組織としての明確な方針に基づく人材採用の重要性




揺るがぬ方針に基づく採用と組織の成長




就職活動に勤しむ現役学生の方々、自身の明確な目標を見据えての転職先をお探しの方々、更には新たな職場の確保の必要に迫られている方々など、未だ見ぬ組織との出会いが常にあるのが、私達が生きる経済社会の一面です。同時に組織にとっても人材は「人財」と表現される通り、自らの未来を委ねる必要不可欠な存在であり、働く人こそが経営の要と捉え、組織が見据える明確な方針に基づき、日々成長を遂げてくれるであろう人材確保に余念がありません。


こうした双方が求める出会いは、雇用関係の締結という形で一応かなえられる区切りを見せますが、その全てのマッチングがベストな出会いとなるとは限らないのも現実です。時に組織すなわち企業側の理念が人材となるべき求職者側に的確に伝わらず、小さな誤解とズレが生じた結果、双方にとって後悔することになってしまう雇用関係は少なくありません。特に明確な理由が見当たらぬ中での早期退社は、双方にとってメリットがないので避けたいものです。


もちろん多くの企業が組織としての明確な方針を打ち出し、それに基づく自組織の未来を委ねるに値する人材を確実に採用する重要性は熟知痛感しているのですが、一方で十分な実践がかなっていないのも現実です。


こうした組織としての負のスパイラルの兆候が確認されても、あくまで組織内だけで打開策の模索を続けた場合、徐々に視野と思考が狭まってしまい、結果改善されないままになってしまう傾向が否めません。こうした場面で企業サイドにぜひ視野に入れていただきたい選択肢として、人材確保を始めとする社員教育や人事制度の見直しから変革に関して、確かなサポートを届けてくれる専門家に相談することを挙げます。



鍵を握る人と組織の活性化




自組織が求める人材の採用に際しては、募集から決定に至るまでの一連の流れの中、幾つもの重要なポイントが存在します。何よりこの流れに沿った複数回のコミュニケーションを通じ、双方が徐々に相互信頼関係を構築できなければ、ベストな雇用関係の締結はかないません。仮に一連の流れの中、少しでも不備すなわち不安など負の感情が生じれば、企業側にとって可能性を秘めた有能な人材確保に暗雲が垂れこめてしまいます。


思い描く通りの人材確保ができず、社員教育の効果が実感できないなど、人事面の自組織の体制改善の必要性に気づかれつつ、具体的なアクションを起こせぬまま、1年また1年と新たな年度を迎え続けている企業は少なくありません。時に大切な社員やスタッフにその原因と責任を強引に見いだす事で、内部的に解決に至ろうとするケースも見られます。しかし、結果として優秀な人材を確保することに至ってないのであれば、問題解決にはなりません。


採用段階で双方が互いを正しく十分に理解することができ、組織は働いていただける幸せを、求職者は入社を機に働かせてもらえる幸せを実感できれば、おのずと組織全体の活性化につながります。このいたってシンプルな法則は誰もが理屈としては理解できていますが、いざ現実のものとした場合には、明確な方針と実践のノウハウがつかみきれていないのも否定できない事実です。こうした状況の打破に際してはやはり、信頼と実績を誇る第三者組織のサポートを受けることも有効な選択肢の一つです。



組織づくりのパートナーが担う役割




組織として理想的な人材の確保がかなえば、従業員個人が秘める無限ののびしろを最大限生かす社員教育を通じて日々の勤務に励み、自組織と社員双方により多くのメリットが常に還元され続けるような流れの構築が求められます。


ここで一部の組織が勘違いしやすいこととして、人材育成を自組織のカラーに染め上げるすなわち、組織側の意のままに力を発揮し続ける社員と捉える傾向が潜在します。確かに組織は偶然集まった異なる個性を有する人達が構成する集団であり、経営理念に基づく目的意識の統一こそ欠かせませんが、これはあくまでマクロ的な視点に基づく重要点であり、のびしろを刈り取ってしまうかのごとき社員教育は育成ではありません。


自組織で働く人材のみならず、そのご家族、取引先やお客さまなど、何らかの接点を有する方々から、本当の意味で必要とされ感謝される企業であることは、優秀な人材が中長期的に定着するためにも重要なことです。入社して良かったと心から実感できる組織として、全員がそれぞれの優れた能力を最大限発揮する環境の構築が、経営者すなわち企業に求められる最重要課題なのです。


ですがとりわけ一定の歴史を有する企業に多く見られる傾向として、創業時にこそ純粋かつストレートに見据えていた人材採用に対しての熱い想いと明確な方針が、時間が経つにつれて無意識のうちに軽視されてしまう傾向があります。人材確保という極めて重要な作業が、目先の欠員補充すなわちルーティン的なイベントと化してしまうことを避けるためには専門家に相談し、客観的な視点による的確なアドバイスを受けて改善を図ることが重要です。