転職したいと思う時、中途採用の基準を知りたい


転職は社会人経験者だから難しい面も多い



学生から就職し社会人となってから一度も転職せず働く人は以前よりもかなり少なくなっており、多くの方が転職を経験されています。転職の場合は、新卒ではなく中途採用ということになるので、そこに必要な事も新卒より多くなっていると考える方がいいでしょう。

企業が中途採用の募集をかける時には、新卒を募集する時とは違い、既に社会経験を積んでいる人を募集することになるので、もちろん、社会人としてのマナーを持っていることが前提となります。また業種によって、求めるスキルなどに違いがありますが、仕事を経験されているということで、経験や実績を持っている人を雇用したいと考える企業が多くなります。

スキル、経験、マナー、そして資格などを持っている方が、転職には有利と考えておく方が安心です。採用基準については企業ごとに違いがあり、もちろん中には企業に就職してから技術や知識を学んでくれればいいという仕事もあるかと思いますが、例えばIT系や事務職などの場合、パソコン、IT系のスキルや経験を持っていることが基準となる事が多いです。

これから転職を考える方で、資格もスキルもなく、今までとは全く違う職種に転職を希望されているという場合、転職希望職種によってどのような採用基準があるかを理解しておくことは転職を成功させるための重要なポイントです。

資格が必須となる職業なら転職する前に資格を取得する期間を考えることができますし、経験と実績が必要ということなら、どのように実績を積んでいけばいいか?ワンクッション置いて、派遣などで経験を積んでから転職にチャレンジするということもできます。転職に何が必要となるのか、そこをしっかり考えて計画性をもって応募することを考える方が、成功につながると考えられるのです。



企業が考える中途の募集基準とは?



中途の募集を考えている企業が実際に募集を行う時、どのような事が基準となるのか、あるアンケートをみてみると、最も重要視されているのが必要スキルの経験年数です。昔は雇用する側も余裕がある企業が多く、ある程度の年齢まではその仕事のスキルを持っていなくても、企業に転職してから仕事を覚えてくれればいいという所も多かったようです。

新卒に関しても企業で育てていくという考え方があり、資格取得等も企業が費用をだし、働きながら必要スキルを得ていけばいいとしていた企業もありました。しかし今は、学生時代にしっかり資格を取得し、業務にいち早く慣れてくれる新卒を募集することが多いですし、特に社会人経験者となる中途採用については、スキルを持っていること、必要な資格を持っていることが重要視されることが多いのです。

企業からすれば厳しい経営状況でなくても、即戦力となってくれる人材が欲しいと思うことも当然で、転職してくるということは、それなりのスキルと経験を持っていると考えます。これが当たり前のこととして募集をかける企業も少なくないのです。必要スキルについては業種によって違いがあります。しかし転職してくる人材に関しては、実際に仕事の中でどのように経験を積んできたのかということにポイントを置いて雇用を考える企業が多いということを頭に入れておくべきでしょう。

どうしてもこの仕事がしたいと希望されている方で、経験やスキルがないという人は、まず派遣などでスキルを磨き、経験を積み、その上で紹介予定派遣を利用したり、希望する業務の企業の募集を待ち、応募することも考えてみるといいでしょう。



採用基準に人間性やコミュニケーション能力を入れている所も多い



専門性を持った業態の場合、資格やスキルが必須となる事も多いのですが、専門性を持たない、仕事を覚えたら誰でも可能な仕事という業態の場合でも、その先、対外的な仕事に就くことのできる能力を持っている人を募集するという意見も見られます。

例えば、製造、工場ラインの仕事の募集でも意欲がある人、能力がある人は営業やそのほかの対外的な仕事も経験してほしいということで、面接の際に、コミュニケーション能力や話し方のマナーなどを確認し、募集している仕事のほかにも対応できる能力がある人を選んだという意見も多いです。人間関係をうまく形成できず辞めていく人、また部署の雰囲気が悪くなってしまったことがあるという部署の場合、人間性をみるということもあるようです。面接会場でしっかりと話しできる、明るく対応できる、自分の言葉で対応できるかどうかを確認し、学歴や職歴ではなく人を見て判断するという企業もあります。

ただ多くは資格やこれまでの仕事の内容、経験、実績などを書面上で確認することが多いので、自己PRの書き方や、面接の受け方などをしっかりと学び、転職につなげていくことも必要になるでしょう。こうした中途採用、転職という場合でも、面接対策や自己PRの作成について、真摯に取り組む転職情報サイトなども多くなっていますので、出来れば担当のカウンセラーなどがついてくれる所や、資格取得のサポートがあるところ、精神的な相談窓口があるサイトなどを活用し、チャンスを逃さない対策を練っていく方が安心です。転職の前に資格を取得できる時間があれば取得しておき、転職についての講習会や教室などがあれば受けておくといいでしょう。