ENGINEER

理系採用 コラム

2021.10.20

現場の技術系社員を巻き込む採用活動

こんにちは! 株式会社Legaseedの井上です。

今回は、理系学生の採用に強い当社ならではの
情報をお伝えしようと思います。
テーマは
“現場社員を巻き込んだ採用活動”です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

技術系の採用に、現場技術を知らない人事だけで臨んでいませんか???
技術系社員を採用活動に巻き込めず苦しんでいませんか???

弊社Legaseedでは今まで様々な技術系企業の理系採用を
支援してきましたが、
弊社と出会う前は、現場の技術系社員は自社の採用活動(選考)には
ほとんど「関与していなかった」というのがよくある実態です。

現場技術系社員が自社の採用活動に出ていない理由は、

・現場社員が採用活動に参加する意図を理解できていない
・労務工数対効果至上主義による、現場社員が参加する必要はないという会社の風土

実際、技術系、エンジニア企業の経営者は特に
「人事=コスト」というイメージがあり
採用業務含む間接業務に人的リソースをあまり割きたくないのです。

しかし、
難易度の高い理系の採用活動こそ、
現場社員の協力が必要なんです。

その理由として、大きく2軸あります。

①採用活動の効果を高める

現場技術社員は、理系学生の魅了付けに最適な
”具体的な経験”を語ることができます。
この現場での仕事の”具体的な”内容が、理系の心を捉えるのです。
企業として伝えたい本質を、キャリアを証拠に語ってもらうことが、
魅了づけやクロージングをするのに最適な活動となります。

こんな社員と会ってみたい、話してみたいといった
ニーズにこたえることで集客効果が期待できるのと、
選考中のターゲット学生に個別で話をしてもらうことで、
入社後の具体的な成長や、働き方の具体的なイメージをすることができ、
内定承諾率を高めることができます。

②参加社員の意識向上

技術系職務は、日常的にマーケット(自社の外)を意識することが少なく、
どうしても視点が内向きになりやすいのがよくある現実です。
「マーケットを意識しなさい」と伝えたとしても、
日常の仕事でその現実に直面しない限り
意識することはないでしょう。

ところが、新卒採用に関わってもらうことで、
改めて自社が学生からどう映るのか、
自社の強みや、課題について考えるきっかけになります。

これによって、自社にいてよかったという帰属意識や、
自分がロールモデルとして、今後、会社や組織の課題を解決していくんだという
当事者意識を効果的に育むことができます。

だからこそ、

“現場技術社員を巻き込んだ採用活動”が必要です。

これによって 「採用活動の成功」と「組織の活性化」の両方が実現し
企業を永続的に発展させることに繫がります。

では、どうやって多忙な現場社員を巻き込めばいいのでしょうか?
「選考にもっと関わってほしい!」「ちょっと座談会だけ参加してくれない?」
では積極的には動いてくれません、、、。

Legaseedでは多くの企業様の「巻き込み型採用」に成功してきました!
どうやって現場社員を巻き込んだ選考を作り上げるのか
気になる方は是非、ご相談下さい。

以上、お読みいただきありがとうございました。